タイトル:  ガチ交渉 26 〜スレンダー妻の感度抜群の微乳〜
出演者:  遠野えり
カテゴリー:  素人 ナンパ 熟女/人妻 美脚 美尻 スレンダー 微乳 フェラ 口内発射 中出し 手コキ 69 クンニ 生ハメ・生姦 
とにかく話だけでも〜・・・、と通りすがりの可愛い主婦をガチナンパゲット!セクシーショットを撮りたいと言うと、「旦那もいますので困ります」と最初は拒むものの、「謝礼も出します」という誘惑の言葉に心が動き、ホテルまで来てくれたえりさん。セクシーなイメージを撮るため下着チェックだと言いながら、だんだんエスカレートしてやり放題。ちょっとブラをずらして乳首をコリコリしたら、吐息が漏れ、体は正直に反応。気付けば、自ら貪欲にチンポを貪っている・・・。あまりにもフェラが上手なため、思わず奥さんの口の中へ発射。しまった!まだ合体してなかった!奥さんに土下座でハメさせてと頼むと、「えー!」というものの、チンポが欲しかった様子で、拒否しませんでした。そして、自ら腰を使いチンポにまたがり感じまくり!あまりの激しさに中出ししちゃいました!!

この動画を見た人はこんな動画も見ています


まどか翠

まゆら

中園貴代美

小坂みゆき

小坂みゆき


006_2018-05-14-15-09-43.jpg結婚して数年経つというのに由美子夫婦に子供はない。
新婚当初は一回り年上の高給取りの旦那様を射止めたことで仲間からも嫉まれた。

夫の両親と同居だったにもかかわらず、専業主婦をしていれば万事丸く収まり、どこかに出かける折もご両親に断わりだけ入れておけば自由だった。

そんな気ままな暮らしが楽しいと感じたのは暮らし始めて最初のうちだけだった。

やがて、家庭内で誰も彼もが無関心を装い、勝手気ままに生きていることに疑問を持ち始めた。

何のために結婚し、何のために生きているんだろうと。

それに気づかされたのが今回のゴミ拾いのような作業にばかり駆り出され、これではまるで家族の一員とは名ばかりで家政婦じゃないだろうかと、ふと思ってしまったこと。

世間の目も同じように考えていたらしく、夫や両親に向かっては丁重な言語態度に出るけれど、作業に駆り出された自分にはあてつけのように辛く当たるふしがあること。

どう考えても、生まれから言えばそれを諦めるしかないと思い込んでいた矢先に青年に出会った。

青年は彼女を何よりも大切な女性として扱ってくれていた。

それを試したかった青年への顔面騎乗も、青年はあっさりと乗りこなしてくれていた。

意を決して臨んだその日、理想の男性の性を体内に受け入れるんだという興奮から全身がヒクついて蜜壺に限界を超え始めた亀頭を押し付けてもらっていながら何度も振り払うような動きになってしまって どうしていいかわからなくなって・・・

それを年下の彼はしっかりと やさしく乳房や太腿を手足を総動員し押さえ込んでくれ挿し込んでくれていた。


タイトル:  中川 多恵
出演者:  中川 多恵
カテゴリー:  熟女/人妻 中出し 生ハメ・生姦 
旦那とはほとんどセックスのない多恵さん。今日は若いハメ師のチ○コで最高の気分に!? たっぷり愛されて喘いで、最後は濃いのを中に発射!! やんごとなき気分でした!!

この動画を見た人はこんな動画も見ています


木下 恵美

人妻作品ゴ...

遠山 真央

三浦 知里

西野 明美
2018/07/17(火) 03:43 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
024.jpg彼女とAVを見てたら、「ラップ素股」と言うシリーズものだった。

普段はゴム着きでしかさせてくれない俺の彼女に「ラップ越しにやってみる?」と冗談っぽく言ったら(既にその時点でペッティングし始めていたが)、「うん」と快諾。


そんな訳で俺の初ラップ素股行為は以下のような感じだった。

ぺりっ...


30センチくらいの大きさにラップをちぎる。
そして下半身剥き出しのありさ(俺の彼女のこと)のアソコにあてがう。

「ぁー。なんか...」

「変な感じ...」


口元に手を当て、ありさは呻きながらも笑っていた。

そして騎乗位の姿勢で俺に跨り、腰を擦り付ける。


しゅ....しゅ...


「......? ん...?」


亀頭がラップ越しの彼女の陰部と擦れ合うが正直気持ち良くはない。


「あんまり..だね..」


俺はボソッと文句を言ったが、行為は続けた。
快感では無いが、ラップ越しにべろっと露わになっている、ありさのひだひだの内側をみるのはグロテスクだけど生々しくって何だか興奮を誘う。


「やっぱりーー」

「ローション....いるかなぁ」


俺たちはそんな結論を出した。
そして、ぺぺ(商品名)を手に取り、擦り付け、再開。


にゅ....っる....

にゅ....にゅ..


「おお...気持ちいい....ぁっ..」

ヌルヌルと快感が伝わってくる。



まさしく、素股。


「ぁぁ......ぁ..」

「ぁぁーーー..」


ありさも身体を捻り、天井を見上げて気持ち良さそうな感じだった。

「ね....ねぇ...」


俺は堪らず提案する。


「このまま...しちゃ..だめ?」


亀頭は半分くらい、彼女のひだびだの間に埋もれていたが、ちょっと角度を変えれば、手で押し込めば、這入ってしまいそうな感じ。


「ね...ねぇっ...!」



ありさの顔を見てねだる。

「だ..だめ....」

「ゴム...スキン...ぁっ....やぁ..」


そう言い、首を横に振ったが、ペニスは既に埋没。

ラップを巻き込んで、ありさの身体の中に埋もれていた。

「ぁっ.....ぁーー」

「ん.......や...やだ..」

「ぁーー..」


ありさが短く叫び、恨めしそうに俺を見た。

「もう...」


だが、彼女は自ら腰を前後に揺する。

そして次第に上下運動を加え、ぬっちょぬっちょといやらしく音を立てた。


「ふふ...最後はっ...」

「外にするから...さ....」


俺は腰を突き上げ始めた。


ぐっ...っちゅ...

ちゅ....っぐっちゅ...


反復する卑猥な音が聞こえ始めていた。



続きを読む
2018/07/15(日) 15:51 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
image819.jpg朝起きるとモヤモヤとしていた私は、隣で寝ている彼にシテもらおうと浴室で自らを洗う..
彼は私のお願いに応えてくれてクンニしてくれる



「ぅぅっ...」

「ぁぁぁ.....」


私は股間を彼に押し付けるようにして、積極的に愛撫を乞うている、いや強制していた。

顔面騎乗ーー


こう言うのをそう言う呼び方で表すことは耳学問で知っている。

もちろん、こんな事をするのは初めてで、こう言う事自体、クンニをお願いする事自体も初めて。


私は自分自身の行動を恥ずかしく思う気持ちと、舐めてもらいたい、気持ちよくしてもらいたい、と言う気持ちが入り混じり、複雑に絡み合った不思議な感情でいて、それでも行為を辞められず、ただ欲情に身を任せている。


くっ...ちゅ...

ちゅ...っる....


彼はそんな私の事を下から見上げ、黙って口元を動かしてくれる。



彼の方を見ると、陰毛の間からちらちらと見える彼の目元。

鼻先が見えたり、見えなかったり。
その下は鼻筋がもごもごと動き、その動きに合わせて私の部分が切なく刺激される。


「ぅぁ....」

「ぁぁっ....」


ぼおっとしてきて、ふわふわとしてきて、何だか訳が分からなくなる。


気持ちよくって、少しづつ快感が増していくような気がして、ずっとそうしてもらいたい、ずっと舐めてもらいたい、と言う気持ちが強くなる。

「崇....崇ぃ..」

「好き.....好き.....」


私は手のひらを下に向け、彼の顔をべたべたと撫で回す。

おでこ、頰、そして耳の辺り。

私を気持ちよくさせてくれるそれを私は愛でた。

愛おしくなって、堪らない。

「ぁぁ...」

「ぁぁっ...!」

「好き......ねぇ....」


時折訪れる強い刺激が、私にいやらしい呻きを起こさせた。

そして感情の高ぶりは、もっとして欲しい、もっと触れて欲しい、と言う気持ちにつながり、私は彼の手のひらに触れ、持ち上げる。


「ねえ...」

「崇...」

「おっぱい...お..おっぱい...」

「揉んで..」


彼の手のひらを胸元へ。


そんな言葉を吐いて、かぁっと恥ずかしくなったが、それは本心だった。

「ねぇ...」

「お願い....」


彼の手が動き、荒々しく胸を揉まれると、切ない感覚とともに、嬉しい、満たされた、と言う感情がこみ上げる。


胸の感覚と、乳首への刺激、そして舐められる股間。


「ぅぅ.....」

「だめ..」


目をつぶると、心の中の大部分を占めている、快感が欲しい、言う感情に押しつぶされそうになる。


もうすぐイケそう。

「だめ...」

「だめ.......だ...だめ....」


私は首を横に振り、必死で意識を取り戻そうと努力した。


それでも込み上げる快感は止まらず、もう済んでのところで溢れそうな感じになっていた。



続きを読む
2018/07/15(日) 01:04 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
私は35歳になるサラリーマンです。今のところ、まだ独身を楽しんでいます。というか、結婚してしまうと、一人の女性としかできないというのが、どうも自信がない、ほかの女性にすぐ目移りするような気がして、いまだ独身というのが本当のところです。
ということは、女性に不自由していないのかということになりますが、いなくても、気にならないし、複数の女性と同時になっても、何とかうまくやってきているので、今のところ痛い目にあっていないというところです。ということは、女性に不自由していないのかということになりますが、いなくても、気にならないし、複数の女性と同時になっても、何とかうまくやってきているので、今のところ痛い目にあっていないというところです。
image827.jpgところで、先月2月の寒い日曜に、中学時代の同窓会がありました。中3に進級するときに、父親の転勤で離れることになった中学の同窓会で、ある意味楽しみにしていました。それは、初めて付き合い、お互い、童貞と処女から、一緒に開放された仲だっためぐみという女性も同窓会に来るということで一番の楽しみにしていたのです。実は、めぐみとは中1のときから、クラスメイトで、すぐに仲良くなり、一緒に宿題したり、登下校する仲でした。それが、中2の3月、一緒に宿題していたのですが、たまたまその日は、私の家が留守で、2人だけの時間でした。そして2人はそのとき、自然とわからないなりに、キスをし、お互い舐めあい、エッチにいたったのでした。しかし、その後、父親の転勤による引越しで、めぐみとのエッチはそのとき1度のみだったのです。
そして、同窓会当日、私はこの日のために、スーツを新調し、勝負下着的なブリーフを履いてやる気満々でした。
会場に着くと、懐かしい顔がそろっており、何人かと世間話をしながら、めぐみを探しました。すると、奥で女性数人としゃべっているなかにめぐみを見つけました。私もそうですが、すっかり大人の女性になった、めぐみを見て、ますますやる気が充満していました。
めぐみは、ひざ上5センチくらいのタイトで短めのピンクのワンピースを着ていました。中学時代も背が高いほうでしたが、見た感じ165センチくらい、スカートの裾から程よくむっちりした脚がスーっと見えています。胸は推定Gカップはあろうかという巨乳に育っていました。私は近づき、めぐみに声をかけました。
「めぐみ、久しぶり、俺のこと覚えてる?智史だけど、、、。」
「智史、覚えてるに決まってるじゃない、、。スーツ決まってるよ」
「最近どうしてるの?もう、結婚して子供もいる感じ?」
「3年前に結婚して、いま8ヶ月の子供がいるの、今日は、主人にお願いして、見てもらってる。」
「そうか、幸せそうだね、ちなみに胸が立派だなと思ったらそういうことなんだね、、」
久しぶりの再会で、ちょっと言い過ぎたかと思ったが、もう戻らない。
「智史、どこ見てるの?もうエロ親父だね、、。まあ実際そうなんだけど、、。エロついでに見たんだったら教えてあげるけど、いまバスト96センチでGカップなんだよ。想像通りでしたか?智史さん?」
まさか、こんな展開になるとは、、
「あぁ、そうだね、想像通りだよ、僕の好きなサイズ感だね」
「ふーん、智史は結婚してないの、早くいい人見つけなよ、それとも、私がまだ独身だと思ってた?」
もちろんそんなことは思っていなかった。でももし独身だったら、、、。という期待は少ししていたのも事実だった。
「そんなことないよ、めぐみが、この年で独身だなんて思ってないよ、、。」
「智史が独身だなんて、私はちょっと今、後悔してるかな、、、、。なんて、そんなわけないよ!期待するなよ!智史!また後でね」
今の一言で、僕は一気に期待感が高まった。わざわざそんなこと、向こうも期待しているからこその一言に決まっている。
そう信じて、同窓会は始まった。
2時間の同窓会はあっという間に終わった。スタートが5時という早い時間だったこともあり、みんなそれぞれにグループになり散りじりにになっていった。
僕は、当然のようにめぐみに声をかけた。
「もう1軒飲みに行かない?お勧めがあるんだけど?」
「もちろん受けて立ちましょう!今日は時間大丈夫だから」
私と、めぐみは2人、近くのショットバーへと移動した。
時間にして1時間。いろいろ話をした。別れてからのこと、結婚してからのこと、すごく楽しかった。しかし、家族のことを話すときは少し寂しそうにしていた。どうも、社内での相手だったようで、特にめぐみのほうは、好きではなかったようだが、なんとなくその部署の雰囲気が、2人は結婚するんだろ的な空気になりそうなったようで、相手の作戦だったようです。
しかも、子供ができたとたんまったく手を出してくれなくなり、また、子供の面倒もよっぽど頼まないと協力してくれないようで、今日は半分脅しのような頼み方をしてきたといいます。それで、私のちょっとエッチな会話にも乗ってきたのだと思いました。
2軒目を出た2人は、かなり気分よくなっていました。私は強いほうなので、まだ、まっすぐ歩けます。めぐみは、完全に私に寄りかかって歩かないと無理な状況です。
しかももう歯止めが利かないようです。
「智史!私とやりたいから誘ったんでしょ?もう早くやろうよ!ほら、もう準備OKじゃない!智史!何のことかわかるでしょ!」
「めぐみ、声が大きいよ、まだ時間早いから、大丈夫か?」
「わたし、何言ってるかわかってるよ!智史の固いのが欲しいっていうことだよ!」
半分あわてていましたが、半分はこれはいただくしかないと心に決めました。
2人はまもなく、ラブホに到着していました。私は、めぐみの腕をグッと引っ張り、中へと入っていきました。部屋を選んだ私は、鍵を手に部屋へと進みました。
鍵を開け、中に入ったとたん、めぐみは、靴も脱がず、コートも脱がず、そのまま私に抱きついてきました。すぐさま、私の唇にめぐみは重ねてきました。互いの唇を重ね、やらしい音が部屋中に響き渡ります。
10分以上はキスをしたでしょうか。その後、2人は何も言わず、着ている服を次々脱ぎ始めました。そして、私は今日のための勝負下着とも言える、真っ赤のハイレグビキニタイプのブリーフ1枚になりました。めぐみは、上下黒のレースの肌着、ブラは、ハーフカップで谷間は全開、ショーツはTバックでお尻丸出しです。
「わたし、今日こうなると思って、、、子育てしていると、こんな下着着ることないし、、。智史もひょっとしてそういうこと?そのブリーフ」
「もちろん、そうなると思って、このブリーフだよ」
もう2人は、自然と、ベットに横になり、お互いのやらしい部分を、激しく舐めあっていました。もうめぐみはピチャピチャ、やらしい音を立て、オマンコから、いっぱい汁をたらしています。私は、固く勃起した先から、先走った汁が垂れ始めています。
「めぐみ、あの日以来だね、今日はあの日と違って、たっぷりじっくり入れてあげるよ。」
「智史、早く来て!わたしもう待てない!その太くて硬い智史のおちんちん、いっぱい入れて!!」


私は、めぐみのオマンコの中へと、ちんぽを挿入していきました。あの日以来の挿入、キュッと引き締まり、おつゆでヌルヌルののオマンコ。私のちんぽにおつゆが絡まってきます。
さらに、8ヶ月の子供にあげている、めぐみのおっぱい。当然ながら、私は激しく乳首を吸い上げていきました。母乳もちょろちょろ吸い上げていきます。
「智史それは、私の子供のおっぱいなの、、、。でも智史!いっぱい吸って!!お願い、私がおかしくなるまでいっぱい吸って!!」
私は、おっぱいを吸い続けさらに、腰を浅く、深く、右に左にと動かし続け、硬いちんぽはオマンコの中で、グラインドし続けます。
そして、2人は、絶頂を迎えました。私は、相手が人妻なので、何か、冷静になり、外に発射しました。
「智史、今日は大丈夫だよ、智史の精子いっぱい中に欲しかった、、、。ねえもう一回できるでしょ、、。今度は中にいっぱい来て!」
私は、リミットがはずれ、再びめぐみを愛し続け、2回戦も無事遂行することに成功しました。もちろん2回目は中出しです。

ホテルを出るときにはもう12時近くになっていました。わたしはめぐみを家の近くまで送り、別れました。
もちろん、互いの連絡先は交換し、次の約束も取り付けて、、、、。


2018/07/15(日) 00:53 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
遂に中出し解禁!!奇跡のクビレ女子のおもてなしをどうぞ!スケスケのえっちな浴衣で百多えみりのいやし亭。

■7月27日 百多えみり
「洗練された大人のいやし亭 〜奇跡のクビレ女子のおもてなし〜」
----------------------------------------------------------------------------
僕の彼女・日高千晶ちゃんとデート。待ち合わせの公園で千晶ちゃんに会うとニコニコしながら部屋に早く行ってエッチをしたがる淫乱娘。

■7月20日 日高千晶
「僕の彼女が日高千晶だったら」

----------------------------------------------------------------------------
美女のおもてなしが好評のいやし亭に、自分が気持ちよくなりたくてしかたない困った仲居が現れた。わかめ酒をさせたら子宮まで酔っ払ったかのように我慢できずにめちゃくちゃバキュームしてきます。

■7月15日 彩華ゆかり
「洗練された大人のいやし亭 〜常にシタくてたまらない私をお許しください〜」

----------------------------------------------------------------------------
百田えみり
百田えみり

日高千晶
日高千晶

彩華ゆかり
彩華ゆかり

掲載画像は各場面のサンプル、動画には肝心な部分も丸見えです。
2018/07/13(金) 22:30 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)


【おすすめ作品】zip画像付きで配布されましたので、一部を紹介しています。
■7月12日配信 大森なおみ 目が覚めたら挿入されていました
■7月14日配信 浅川ゆい おんなのこのしくみ〜こんなに長がかったんだオマンコ〜
■7月15日配信 坂下めぐみ 清楚な娘を拘束プレイでイかせちゃった
■7月16日配信 山田よしえ S娘に中だししちゃった

大森なおみ
大森なおみ

浅川ゆい
浅川ゆい

坂下めぐみ
坂下めぐみ


山田よしえ
山田よしえ

タイトル:  男性宅に訪問!どこが感じるかあててみてネ
出演者:  兼子美笛
カテゴリー:  素人 フェラ 中出し パイパン・剃毛 パイズリ 生ハメ・生姦 
デリヘルで指名したらめっちゃ顔がちっちゃくてお目目がぱっちりで八重歯がキュートなあたりな女の子が来てくれました!オプションでエッチな下着を持って来てくれたのですが、めっちゃエッチ!生着替えをしてくれて、いろんなポーズで悩殺!スケスケの下着から覗くパイパンのおまんこ。かなりの美マンです。テンションあがりまくりの男は乳首とマンコを徹底的に弄りまくり、高速ピストンで中に出しちゃいました。サービス満点ですね。

この動画を見た人はこんな動画も見ています


藤井みさ

若宮みさこ

白山ひな

梨木萌

戸田くれあ







2018/07/10(火) 16:15 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)